大阪万博公園

友人の結婚式で、関西は大阪に行って参りました。
01_osaka_station

仕事ではないので、因縁の地?へのリベンジ観光もしてきました。以前大阪に行った際に、万国博覧会で建設された「太陽の塔」が見たくて万博公園へ行ったのですが、ちょうど閉園日に当ってしまい入園門越しの悲しい対面でした。 
今回は良い機会と思ったのですが、タイミングの悪いことに改修工事の真最中らしい。
それでもダメ元で行ったら、ほぼ完全な状態を見ることができました。

02_taiyou_tower
太陽の塔を近くでしばらく眺めて回ったのですが、なんだか不思議な気分になりました。
元気になるパワーをもらっているような、逆に元気を取られているような、何とも言えない感覚に陥りました。
なにか強いものに「あてられた」ようになったので落ち着く為に園内を散策していると、万博記念館的な施設があったので入ってみました。
中を見学すると、その理由が分かった気がしました。施設内では万国博覧会当時の図面や模型、衣装や映像の展示がありました。このような類の展示は今まで大体流して観てしまいましたが、変に惹きつける何かがあったのでじっくりと見学しました。当時の熱気、熱意、先端技術、なぜか狂気的なものさえ感じました。
 私がまだ生まれる前の事ですが、万博熱が今のオリンピック熱の比ではないことが分かります。

万博公園までの道中の駅や道路等の都市計画も、今でも未来を感じさせ実運用にも耐えています。オカルト的な話になりますが、当時の空気にあてられたのだと思っています。
いまの効率重視の社会性ではなく、感覚や想いの強さを重視する社会性、その一端を身体で感じたリベンジ観光となりました

03_japan_pabilion

旧・日本館パビリオン内部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です